メイン画像

仕事をするのに「考える力」を

本文画像

仕事をするのに「考える力」を必要とする時代であり、特に次世代を背負う若い人たちに、考える力を備えさせることが求められています。

物事を考えることが少なくなっている背景は、「〇✕教育」がもたらしたとか、パソコンやスマホのゲームに影響されているとか言われています。そういう影響も少なからずありますし、パソコンという便利なものが登場し、ネット検索をすればそれなりの答えが探せるということも一因になっています。また、携帯電話の登場やスマホの登場で、とにかく情報取集の手段に事欠かないことも、考える力を弱めるのに一役買っているということです。

オリジナル商品多数!高級キャバドレスの通販なら
ロイヤルチーパーのショップサイトをチェック

総じて言えば、便利な機器が登場したことによって、失うものがあるのは常ですが、その一つが考える力ということが言えます。もちろん、そのほかに、段取り力が低下したとか、交渉力が弱くなったということも言われています。

こと仕事に関すると、単純作業やマニュアルどおりにしていればよいものは別として、ほとんどが形どおりにやっていればいいということではないのです。時代は変化するし、お客様のニーズも変わるし、経済の動向や円の高低や世界の動きも自分たちの仕事に影響を及ぼすところとなっています。

だから、一つ一つの仕事を大切にし、創意工夫を怠らず、改善を加え、真剣に取り組む必要が一層強くなっています。人に言われたとおりとか、上司の指示のとおりとかだけで、自分の仕事をしているのでは、その人はいいかもしれないが、企業は生き残れないところになり、結局はその人にも災難がやってくるということなのです。

会社設立を仙台でなら税理士に
税理士からの的確なアドバイスは起業するには

少なくとも、自分が担当している仕事や課題に対しては、自分が持っているすべて、知識や手法、経験、仲間の知恵、先輩からの教え、情報、他の業界の事例、投入できるお金、技術、資産、ノウハウなど、ありとあらゆるものを総動員してベストの状態に持って行く必要があるのです。そうして、いい仕事を完結し、課題を解決すると、そこにまた新たな能力が備わり、次にまた新しいチャレンジングな仕事に機会がやってくるということなのです。

つまり、時間の余裕がある限り、考えに考え抜くことこそ、ビジネスの力を向上させるものであり、それが自分自身を向上させていくことを、もっと真剣に受け止めなければならないということなのです。

なにも考えず、単に手を動かし、身体を動かししているのは、作業はしているけれども、仕事をしているといことにはならないのです。

どうしたらもっと良くできるか、何かいい方法がないか、今に満足していていいのか、というようなことを常に考えることが成長を促すので、そのことを特に若い人たちに徹底することが、これからの仕事を成長させる原動力になるはずです。